産経ニュース

【主張】加計問題 不毛な論争にけりつけよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
加計問題 不毛な論争にけりつけよ

 いいかげんに、この不毛な論争にケリをつけるときではないか。それには政府側に一定の「けじめ」が必要である。

 衆参両院の閉会中審査で論じられた「加計問題」の質疑は案の定、平行線に終わった。

 「官邸の関与」を主張する前川喜平前文部科学事務次官の言い分は印象論の域を出ず、政府側の証言にも「記憶にない」など説得力を欠くものが目立った。

 問題は、政府の国家戦略特区を活用した「加計学園」の獣医学部新設計画の認可が、安倍晋三首相の意向、または忖度(そんたく)によってゆがめられたか否かである。

 だが、忖度は受け止めた側の印象で、これを証明するのは困難を極める。一方、獣医学部の新設が岩盤規制を打ち破って地域の活性化につなげるものだとすれば、政府として推進するのは当然だ。

 それ自体が法的に不正なものではないし、百万遍議論を重ねても水掛け論に終始する。

 閉会中審査で唯一、はっきりしたのは、問題の背景である。参考人の加戸守行前愛媛県知事は、以下のように述べた。

 「我慢させられてきた岩盤規制に、ドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないか」

続きを読む

「ニュース」のランキング