産経ニュース

【津田俊樹のスポーツ茶論】インディ500を制覇した佐藤琢磨に教えられた価値判断

ニュース コラム

記事詳細

更新

【津田俊樹のスポーツ茶論】
インディ500を制覇した佐藤琢磨に教えられた価値判断

 歴史的快挙、偉業、金字塔。惜しみなく賛辞を並べても言い尽くせない。

 自動車レーサーの佐藤琢磨が5月下旬、米国で行われた「インディアナポリス500マイルレース(通称インディ500)」を制覇した。今年で101回目の伝統を誇るレースで、日本人ドライバーが頂点に立つのは初めてである。

 史上初制覇、賞金約2億7千万円、最高時速380キロ、観衆35万人-。とてつもなくインパクトのあるニュースだったにもかかわらず、報道の反応は鈍かった。スペースを割き、それなりに展開していたところはあったものの、概して地味な扱いだった。

 インディ500は、F1のモナコGP、ル・マン24時間とともに世界3大自動車レースに数えられる。

 テニスのウィンブルドンなどの4大大会、ゴルフの全英オープンなどのメジャータイトルを日本人選手が奪取したことに匹敵するといっても過言ではない。

                □   □

 新聞づくりは取材して記事化することから始まる。重要なのはニュースの価値判断である。これが難しい。締め切り時間との勝負なので即座に答えを出さなければならない。いわば「瞬間芸」、即断即決を求められる。

 その任にあったとき、何度も失敗し、悔やんだ経験があるだけに偉そうなことはいえない。

 今回のケースを振り返ると、米国人に強い思い入れのある「インディ500」で、日本人ドライバーが勝ったことをもっと大きく取り上げてほしかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング