産経ニュース

【主張】性犯罪厳罰化 「重罪」の認識共有したい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
性犯罪厳罰化 「重罪」の認識共有したい

 性犯罪を厳罰化する改正刑法が13日、施行される。性犯罪に関する刑法の大幅改正は明治時代の制定以来約110年ぶりとなる。

 性犯罪は「魂の殺人」といわれる。性は個人の最も私的な領域であり、それゆえ尊厳を持って扱われるべきものだ。

 その領域を踏みにじられた被害者は心に生涯癒えない傷を負う。それほどの重大犯罪であるにもかかわらず、改正前まで強姦(ごうかん)罪(今回の改正で強制性交等罪に名称変更)の法定刑は「懲役3年以上」で、強盗罪の「5年以上」より軽かった。

 今回の法定刑の下限引き上げは、国がこうした卑劣で重大な犯罪を容認しないとの姿勢を示す意味を持つ。被害者の性差をなくし、強制性交等罪の被害者に男性も含まれることになった。

 改正を実現させた原動力は、被害者らの勇気ある訴えだ。性犯罪の被害者は事件後、どんな心理状況に置かれるのか、どんな支援や配慮を必要としているのかを知ってもらおうと、実名で活動する被害者も増え始めた。

 裁判員裁判では性犯罪事件に対し、過去の判断より重い量刑が選択される傾向が顕著だった。国民のこうした強い処罰感情も改正を後押しした。

 親ら「監護者」による性的暴行を罰する規定が新設されたことも前進だ。監護者が影響力を利用して18歳未満の者に性的行為を行えば、そこに暴行や脅迫がなくても罰することができる。

続きを読む

「ニュース」のランキング