産経ニュース

【産経抄】豚小屋の中で餌を食らう生活 7月3日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
豚小屋の中で餌を食らう生活 7月3日

 香港という地名のいわれについては諸説ある。もっとも有力なのは、明の時代にこのあたりに植えられていた香木に由来するというものだ。外国産の高級品の取引の場でもあった。

 ▼「しぜんに『香』の港という名称がうまれたのかもしれない」と、作家の陳舜臣さんはいう(『香港』)。もっとも清朝政府が、住民の移住を進めたことで、香木産業は壊滅してしまった。

 ▼現在の香港住民にとっての香木とは、中国本土では到底望めない、言論の自由と司法の独立に他ならない。「一国二制度」によって、50年間は香港に高度の自治を認め、それらを守る。かつての中国の最高実力者、トウ小平氏が、英国のサッチャー首相に約束して、英国から中国への香港の主権の返還が実現した。

 ▼今月1日、返還20年を記念する式典が香港で開かれた。中国の習近平国家主席は一国二制度について、「中国による前例のない偉大な事業」と自賛した。もっとも2年前には、共産党の批判本を扱った書店の関係者が中国当局に身柄を拘束されている。とても、言論の自由が守られているとはいえない。

続きを読む

「ニュース」のランキング