産経ニュース

【国語逍遥】(86)清湖口敏 一旦緩急あれば 「文法の誤り」とは何ごとぞ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(86)清湖口敏 一旦緩急あれば 「文法の誤り」とは何ごとぞ

湯島天神の社殿。境内には、お蔦と主税の悲恋物語『婦系図』を著した泉鏡花の筆塚(下)もある=東京都文京区(筆者撮影) 湯島天神の社殿。境内には、お蔦と主税の悲恋物語『婦系図』を著した泉鏡花の筆塚(下)もある=東京都文京区(筆者撮影)

 さて、冒頭の「湯島の白梅」に戻ろう。既にご賢察かとも思われるが、「湯島通れば思い出す」の「通れば」も、古文法上では(3)の「(湯島を)通るといつも…」の意味になると考えられる。いや、そう考えないことには、文語調の詞に漂うせっかくの情緒も台無しになってしまう。

 それでも「文法上は『湯島通らば』が正しい」と言い張るのであれば、作詞者の佐伯孝夫さんも泉下から一喝を見舞うのではなかろうか。

 「身の程知らずめ!」

このニュースの写真

  • (86)清湖口敏 一旦緩急あれば 「文法の誤り」とは何ごとぞ

「ニュース」のランキング