産経ニュース

【国語逍遥】(86)清湖口敏 一旦緩急あれば 「文法の誤り」とは何ごとぞ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(86)清湖口敏 一旦緩急あれば 「文法の誤り」とは何ごとぞ

湯島天神の社殿。境内には、お蔦と主税の悲恋物語『婦系図』を著した泉鏡花の筆塚(下)もある=東京都文京区(筆者撮影) 湯島天神の社殿。境内には、お蔦と主税の悲恋物語『婦系図』を著した泉鏡花の筆塚(下)もある=東京都文京区(筆者撮影)

 古文の立場からは、助詞「ば」には3種のつながり方がある。(1)「あらば」(未然形+ば)は「もし~であるならば」(仮定)を表す。(2)「あれば」(已然(いぜん)形+ば)は「~ので」(理由)や「~したところ」(契機)を表す。(3)「あれば」(已然形+ば)は(2)の意味のほかにも、「或(あ)ることが有ると、いつでもそれに伴って後(あと)のことが起こる」という〈一般条件〉を表す。「一旦緩急あれば…」も「国民として、危急が起きたときには当然、戦う」の意だから(3)に相当し、文法として正しい。

 漢文の立場からも加地さんは、漢文訓読では例えば「行いて余力あらば~」と未然形で訓(よ)んでもいいが、一般的には、未然形相当のときに已然形で訓む慣行がある-と言及している。

 教育勅語は井上毅(こわし)の草案を基に元田永孚(ながざね)が成文化に協力したといわれるが、加地さんは「井上、元田ともに漢詩漢文の造詣の深さでは超一級の人物である。その成果としての名文、教育勅語に対して文法の誤りの指摘とは、身の程知らずのチンピラである」とバッサリ。いやもう、なかなかの快気炎であります。

続きを読む

このニュースの写真

  • (86)清湖口敏 一旦緩急あれば 「文法の誤り」とは何ごとぞ

「ニュース」のランキング