産経ニュース

【主張】PKO法25年 「貢献」は人のためならず

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
PKO法25年 「貢献」は人のためならず

 国連平和維持活動(PKO)協力法の成立から四半世紀を迎えた。

 派遣先の平和と安定に尽くす活動の積み重ねは、世界で高い評価を得ている。日本への信頼が生まれ、そのことが国や国民の安全を高めている意義をかみしめたい。

 「情けは人のためならず」なのである。

 これまで実施された国際平和協力業務は27件に及ぶ。このうち自衛隊は、カンボジアから南スーダンまでのPKO、人道救援活動の計14件へ、延べ1万2千人の隊員を派遣した。

 最初のカンボジアPKOでは犠牲者が出た。国連ボランティアの中田厚仁さんと、文民警察要員の高田晴行警視が、それぞれ襲撃されて亡くなった。2人をはじめ、日本を代表して危険や苦難を伴う仕事に従事してきた人々の労苦に感謝したい。すべての関係者は日本の誇りである。

 PKO協力法の成立当時、自衛隊派遣は平和に逆行する、「平和憲法」を持つ日本への信頼を損なうといった反対論が横行していた。それらが全くの的外れだったことは、説明を要しまい。

 ただし、政府与党の姿勢にも、活動にあたる自衛隊の権限について、極めて抑制的にとらえてきた問題がある。

 海外での武力行使を禁ずる憲法を杓子(しゃくし)定規に解釈するあまり、任務や武器使用権限に過剰な制約をかけてきたことである。

続きを読む

「ニュース」のランキング