産経ニュース

【主張】東京五輪の種目増 大会の成功に結びつけよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
東京五輪の種目増 大会の成功に結びつけよ

 2020年東京五輪の実施競技が出そろった。国際オリンピック委員会(IOC)は男女平等や若者へのアピールといった思惑を背景に、新たに15種目を加えて33競技339種目を選択した。

 新種目には先の世界選手権で日本の吉村真晴、石川佳純ペアが優勝した卓球の混合ダブルスや、選手層が厚い日本に有利な柔道の混合団体などが含まれており、メダルの量産が期待できる。

 陸上の混合1600メートルリレーや競泳の混合400メートルメドレーリレーなどは、新生なった競技場のスタンドを、大いに盛り上げてくれるだろう。

 大会の成否は開催国の活躍にかかっている。新種目の採用を好機と受け止め、日本選手団は奮起の材料としてほしい。

 混合種目の積極的な採用などにより、女性選手の参加率は過去最高の48・8%となり、理想とする50%に限りなく近づいた。十分に評価できるのではないか。

 一方で、野球など別枠扱いの追加5競技を除く28競技321種目の実施は、既存競技の上限を310種目程度とした抑制目標を上回り、参加選手数の帳尻を合わせるために陸上、重量挙げの選手数が大きく削減された。

続きを読む

「ニュース」のランキング