産経ニュース

【主張】前FBI長官証言 究明急ぎ混迷を断ち切れ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
前FBI長官証言 究明急ぎ混迷を断ち切れ

 昨年の米大統領選にロシアが関与した疑惑をめぐり、トランプ大統領に解任されたコミー前連邦捜査局(FBI)長官が議会で証言した。

 コミー氏は、更迭されたフリン前大統領補佐官に対する捜査を中止するよう、トランプ氏から圧力を受けていた実態を明らかにした。

 これが司法妨害に当たるかどうかの判断は、捜査を進める特別検察官に委ねられる。だが、唐突な解任以降の状況は、それ自体、司法の独立性が損なわれたのかという強い不信感を醸成している。

 国民の疑心を拭い、国政の停滞を避ける上で、この問題の究明を急ぐしかあるまい。

 問題となっている疑惑は、フリン氏がロシア側と癒着し、駐米ロシア大使との間で、対露経済制裁を解除する密約を就任前に交わしていなかったかというものだ。

 証言の核心は、トランプ氏が「この件は放っておいてほしい」と求め、これをコミー氏が「捜査中止の指示」と受け止めた点にある。解任された理由についても、「私が捜査を行っていたためだ」と語った。

 司法妨害に当たる可能性が強まった印象を与えるものだ。トランプ氏の弁護士や共和党は、証言を経て「捜査を妨げていなかった」ことが示されたと主張するが、それには無理があろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング