産経ニュース

【産経抄】言論の自由における二重基準 6月7日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
言論の自由における二重基準 6月7日

 組織犯罪処罰法改正案に反対してきた日本ペンクラブは、鬼の首を取ったかのようである。「日本における表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものになる」。5日の記者会見で、ジェニファー・クレメント国際ペン会長の声明を発表していた。

 ▼はて、面妖(めんよう)な。クレメント氏の母国メキシコでは、麻薬犯罪組織による記者殺害が相次ぎ、廃刊に追い込まれた新聞社さえある。国際ペンが本部を置くロンドンでは今、イスラム過激派によるテロの嵐が吹き荒れている。法改正の内容を理解していれば、出てくるはずのない声明である。

 ▼日本ペンクラブには、もっと身近な言論弾圧に注目してもらいたい。言うまでもない。一橋大学の学園祭で予定されていた作家、百田尚樹さんの講演会が、中止に追い込まれた一件である。一部の団体から強力な圧力がかかり、大学の一部教員からも中止を求める声が出ていたという。

 ▼大学祭といえば平成14年の慶応大学の三田祭でも、台湾元総統・李登輝氏の講演会が取り消される事件があった。どこから圧力がかかったのか、言わずもがなであろう。市民団体による組織的な抗議電話などで、識者の講演会が中止に追い込まれるケースは、大学に限らない。

続きを読む

「ニュース」のランキング