産経ニュース

【主張】日本版GPS 使い方で世界標準目指せ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
日本版GPS 使い方で世界標準目指せ

 日本版GPS(衛星利用測位システム)の構築に向けた一歩である。

 政府の準天頂衛星「みちびき」2号機が、種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Aロケットで打ち上げられた。

 米国が1970年代に開発したGPSは、カーナビゲーションやスマートフォンに利用され、現代社会を支えるインフラのひとつになっている。

 約30基で地球全域をカバーするGPS衛星は日本付近が手薄になる時間帯があり、位置精度には10メートル程度の誤差がある。

 みちびきはこれを補完する衛星で、全地球をカバーするのではなく、日本列島のほぼ真上(準天頂)を飛行する時間が長い特殊な軌道を周回するので、GPSの空白を埋めるのに適している。

 アジア太平洋の上空を8の字を描くように周回する測位衛星3基に、時刻を合わせるための静止衛星を加えた4基をGPSと一体で運用すると、位置精度は誤差6センチまで向上する。

 政府は年内に測位衛星と静止衛星を打ち上げ、来春には7年前に打ち上げた1号機を含めた4基で本格運用をスタートさせる。

 さらに2023年には、米国のGPSに依存せずに高精度の測位が常時可能になる7基体制での運用開始を目指している。

続きを読む

「ニュース」のランキング