産経ニュース

【主張】国連特別報告 嘘まき散らすのは何者か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
国連特別報告 嘘まき散らすのは何者か

デービッド・ケイ氏 デービッド・ケイ氏

 国連特別報告者によるいわれなき対日非難が相次いでいる。

 政府の圧力で歴史教科書がゆがめられている、メディアが萎縮しているなどの一方的な指摘だ。テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案にも疑問符をつけた。

 誰の話を根拠にしたのか。不当な批判を放置してはならない。

 特別報告者とは何者なのか、と思う人は少なくないだろう。国連の主要な機関である人権理事会が法律家などの中から任命する。国・地域別やテーマ別に調査し、勧告などを行うものだ。

 国や組織を離れ、独立した専門家の立場で調査する意義は認めよう。だが対日非難の内容には、日本の法律や制度などを十分に理解せず、事実の誤解があり、誤った指摘もある。看過できない。

 例えば日本の「表現の自由」の現状を調査した特別報告者、米カリフォルニア大教授のデービッド・ケイ氏の報告書案では、教科書で慰安婦問題に関する記述が減っていることなどをあげ、「政府は介入を慎むべきだ」とした。

 しかし、慰安婦問題で「奴隷狩り」を行ったなどとする吉田清治証言が虚偽だと明確になり、破綻した「強制連行」説に基づく記述が是正されるのは当然である。子供が使うことを理解せず、嘘を書く方が問題だろう。

続きを読む

関連サイト

このニュースの写真

  • こちらの記事は英文でもお読み頂けます(JAPAN Forward)

「ニュース」のランキング