産経ニュース

【主張】大飯原発合格 有識者リスクも見逃せぬ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
大飯原発合格 有識者リスクも見逃せぬ

 関西電力の大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全対策が原発の新規制基準を満たしている、と原子力規制委員会に認められた。

 今秋以降の再稼働に向けて関門を通過した。

 両基は加圧水型だ。同社の高浜原発4号機は今月、再稼働し、6月上旬には3号機も続く。順調な足取りである。

 関電管内の電気料金は3・11後、火力発電の拡大による燃料代の膨張で2度にわたって値上げされている。原発の復活による値下げへの転換を急いでほしい。

 関電の原発は、美浜原発3号機が昨年秋に「40年超」の運転延長を認められており、規制委に申請した3発電所・7基の全合格という好成績である。

 原発の安全性向上と、安価で安定した電力の供給に向けて努力を続けた関電の姿勢は、評価に値する。収支改善を通じて、原発のさらなる安全強化への予算割り増しも望めよう。

 それにしても原発の復活は、顕著な西高東低だ。これまでに規制委に安全審査を申請して合格したのは26基中12基で、いずれも近畿以西の加圧水型原発だ。

 東日本を中心に10基申請されている沸騰水型の合格はゼロのままだ。事故を起こした東京電力福島第1原発が沸騰水型であったとはいえ、地域経済の格差にもつながるアンバランスぶりである。

続きを読む

「ニュース」のランキング