産経ニュース

【主張】中核派 過激組織の警戒を怠るな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
中核派 過激組織の警戒を怠るな

 大阪府警が広島県内の過激派「中核派」の拠点で逮捕した男が、昭和46年に警察官が殉職した渋谷暴動事件の殺人容疑などで指名手配していた活動家とみられている。

 事実なら、その逃走劇は約46年に及ぶ。驚くべきは、この間、非公然アジトなどで潜伏を支援してきたとみられる中核派の組織力である。過激派への警戒を怠るわけにはいかない。

 事件当時22歳だった男は、白髪頭となっていたという。昭和46年といえば、NHK総合テレビが全番組をカラー化し、小柳ルミ子が「わたしの城下町」を歌った年だ。沖縄返還はこの翌年である。男の風貌が変わっていたとしても無理はない。

 男は逮捕時、証拠の隠滅を図り、取り調べには完全黙秘を貫いているというから、筋金入りの活動家であり続けたのだろう。

 暴力革命を標榜(ひょうぼう)する中核派は、同じ革共同系の革マル派などと凄惨(せいさん)な内ゲバ事件を繰り返してきた。成田空港の反対運動などをめぐって関係者の襲撃や放火ゲリラを起こし、圧力釜爆弾の使用や迫撃弾を皇居に撃ち込むなど、テロの手口をエスカレートさせた。

 過激な武装闘争路線は警察当局の厳しい取り締まりを受けて先細りとなり、近年は市民運動や労働組合への浸透を図り、より巧妙に運動を継続していたとされる。

 機関誌やホームページには「共謀罪粉砕」「反原発」「基地撤去へ沖縄闘争」などの文言が並び、広範な活動を報告している。こうした運動体の表裏に過激派の姿があるのだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング