産経ニュース

【主張】ハリス司令官来日 強固な同盟の姿を示した

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
ハリス司令官来日 強固な同盟の姿を示した

 与那国島は、制服組トップの河野克俊統幕長とともに訪れ、陸上自衛隊の駐屯地を視察した。中国に日米同盟による南西防衛の意思を侮ってはならない、というメッセージを効果的に発した。

 ハリス氏は講演で、中国が狙う尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、「北海道を守るのと同じように尖閣を守る。米国の決意を疑うべきではない」と語った。

 さらに「列島線防衛の新しい方策の検討」を唱えた。その一例として、米陸軍、海兵隊に海上防衛任務を付与するため、陸上自衛隊から学びたいとも語った。

 これは、米軍が九州から沖縄・台湾・フィリピンにかけての第1列島線に対艦ミサイル部隊を置き、中国海軍を牽制(けんせい)する構想ではないかと考えられる。陸自は石垣島などへの対艦ミサイル部隊配備を計画中だ。積極的に日米協力を進める余地があろう。

 さきの海自護衛艦と米空母の共同訓練について、首相は「日米の地域の平和と安定への決意を示した」とハリス氏に述べた。安保法制や日米防衛協力指針(ガイドライン)に基づき、日米が協力することは平和への近道である。

「ニュース」のランキング