産経ニュース

【主張】高浜原発再稼働 仮処分被害者は消費者だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
高浜原発再稼働 仮処分被害者は消費者だ

 裁判所の仮処分で失われた1年余の空白からの復活だ。

 関西電力の高浜原発4号機(福井県高浜町)が再稼働した。3号機も6月上旬に再稼働の見通しだ。ともに加圧水型で出力は87万キロワットである。

 2基の営業運転復帰で関電の火力発電の燃料代が大幅に軽減され、待望の電気料金値下げが実現する。

 高い電気代に家計を圧迫されてきた近畿圏の一般消費者やコスト上昇に苦しんだ製造業者にとっての朗報だ。関電には原発の安全運転を通じて、電力の安定供給に尽力してもらいたい。

 原子力規制委員会の新規制基準に合格している3、4号機は、本来なら昨春から原子力発電を続けているはずだった。

 そうならなかったのは、滋賀県の住民から出された2基の運転差し止めの仮処分申請を大津地裁が認めたためだった。司法判断で稼働中の原発が止められるという前代未聞の事態となった。

 関電からの抗告を審理した大阪高裁によって、今年3月に差し止めの決定が取り消され、ようやく運転再開が可能になったのだ。

 少数の人々が訴え、それを認めて原発にゼロリスクを求めた大津地裁の決定は、各所に負の歪(ひず)みをもたらす結果に終わった。

続きを読む

「ニュース」のランキング