産経ニュース

【石平のChina Watch】中国は北朝鮮制御の「必殺の剣」を決して抜かない トランプ大統領はそれが分かってきた

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
中国は北朝鮮制御の「必殺の剣」を決して抜かない トランプ大統領はそれが分かってきた

北朝鮮情勢が緊迫化し、中国遼寧省丹東の中朝国境付近で警戒する特殊警察部隊の装甲車=4月8日(西見由章撮影) 北朝鮮情勢が緊迫化し、中国遼寧省丹東の中朝国境付近で警戒する特殊警察部隊の装甲車=4月8日(西見由章撮影)

 今、北朝鮮問題への中国の関与が世界的に注目されている。米トランプ政権が問題解決へ向けて中国の役割を大いに期待していることは周知の通りだ。ならば中国は果たして、期待されるような働きをしてくれるのだろうか。中国にとって北朝鮮、あるいは北朝鮮問題とは何か、を見てみよう。

 北朝鮮は以前から、中国にとって「話を聞かない厄介な弟分」という面は確かにある。しかしその一方で、中国からすれば北朝鮮は、さまざまな利用価値のある「貴重な存在」でもある。

 例えば、鄧小平時代以来の中国の歴代政権が最も重要視している対米外交において、北朝鮮は時々、中国にとって有効なカードの一枚になるのである。北朝鮮が何らかの際どいことをやって暴れ出すと、アメリカは必ず中国に頭を下げて協力を求めてくるから、その分、中国のアメリカに対する立場が強くなる。

 今の米中関係はまさにそうである。当選した当時、中国に対して厳しい姿勢を示したトランプ大統領は、徐々に態度を変え、習近平国家主席に「絶対的な信頼をおく」と公言するまでに至っているが、大統領「豹変(ひょうへん)」の背後にあったのが北朝鮮危機であることは明白だ。ある意味では、北朝鮮危機のおかげで習主席は、本来なら中国に向けられたはずのトランプ政権の矛先をうまくかわすことができた、ということである。

続きを読む

「ニュース」のランキング