産経ニュース

【ガンジスのほとりで】消えた中国大使の発言

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ガンジスのほとりで】
消えた中国大使の発言

 北京で行われた現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する初の国際会議で、インドは中国の参加要請を拒否したが、中国側は会議前、熱心にインドに参加を働きかけていた。その中で、今月5日にニューデリーで行われたセミナーでの駐印中国大使の発言をめぐる動きが、物議を醸した。中国大使館のホームページに掲載された大使の発言から、気になる一文が後になって削除されたからだ。

 インドの不参加の理由は、一帯一路の一部である中国とパキスタンを結ぶ「中パ経済回廊」(CPEC)が、印パ両国が領有権を争うカシミール地方のパキスタン実効支配地域を通っていることにある。大使は「CPECの名称変更を考えてもいい」と、インドにオリーブの枝を差し出したのだが、ホームページ上の発言文から、この部分がなくなったのである。

 中国外務省報道官は北京での記者会見で、この点を記者らに突っ込まれ、「大使館のホームページを見てくれ」と繰り返すだけだったという。

 インドでは、パキスタンが抗議したとか、中国政府内で異論が出たとかいった憶測が飛び交っているものの、真相はわからない。ただ、はっきりしているのは、インドの対中不信が増したということだろう。(岩田智雄)

「ニュース」のランキング