産経ニュース

【編集局から】反日の文在寅政権に変わろうとも慰安婦合意の重みは変わりません

ニュース コラム

記事詳細

更新

【編集局から】
反日の文在寅政権に変わろうとも慰安婦合意の重みは変わりません

 韓国大統領選の投票締め切り後、支持者の前に現れ声援に応える「共に民主党」の文在寅氏=9日夜、ソウル(共同)  韓国大統領選の投票締め切り後、支持者の前に現れ声援に応える「共に民主党」の文在寅氏=9日夜、ソウル(共同)

 分かっていたことなんですが…。韓国の第19代大統領に就任した(ムン・ジェイン)氏。安倍首相との初の電話会談で、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、見直しなどには言及しませんでしたが、「国民の大多数が心情的に合意を受け入れられないのが現実だ」「民間の領域で起きた問題を政府が解決するには限界がある」などと述べただけで、合意の順守は明言しませんでした。

 連載「反日政権の衝撃」でも紹介しましたが、文氏は歴史認識問題で反日感情をあおった盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の側近でした。大統領選でも繰り返し合意見直しを主張したように、根底に流れるのは「反日」であるのは間違いありません。

 しかし、どんな政権に代わろうとも「最終的かつ不可逆的」解決をうたった2国間の合意の重みが変わるものではありません。韓国側がどのような出方をしたとしても、日本は粘り強く合意の履行を求めていくことが大事です。(編集長 佐藤泰博)

関連ニュース

「ニュース」のランキング