産経ニュース

【主張】旭日旗 理不尽な処分の撤回求む

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
旭日旗 理不尽な処分の撤回求む

 「旭日旗」が、理不尽なバッシングにさらされている。

 アジア・サッカー連盟(AFC)が、4月の韓国での試合でサポーターが旭日旗を掲げたことを問題視し、J1川崎フロンターレに、厳しい処分を下した。

 差別を禁ずる規定に反したという理由だが、誤った認識に基づく不当な処分であり、撤回を求めたい。

 旭日旗に差別やヘイト(憎悪)の意味合いはない。日本サッカー協会やJリーグがそう反論しているのは当然である。

 AFCは川崎に、罰金約170万円とホーム1試合の無観客試合(1年間の執行猶予)処分を科した。無観客試合となれば、クラブは数千万円の損失を被る。

 サポーターの行動が最初から騒動を起こして政治問題化させることが目的であったなら、旗の正当性とは別に論外であろうが、今回はそうした様子もない。

 処分を受けて菅義偉官房長官は旭日旗について「自衛隊旗や自衛艦旗だけでなく、大漁旗、出産、節句の祝い旗など広く使用されている」と述べた。

 朝、東から昇る太陽をかたどった旭日旗は、日の丸とともに「日の本の国」を象徴し、縁起がよく元気が出るデザインとされる。朝日新聞社の社旗も旭日を意匠としている。

続きを読む

「ニュース」のランキング