産経ニュース

【風を読む】阪神に学べ? 先生たちは一丸となれるか 論説副委員長・沢辺隆雄

ニュース コラム

記事詳細

更新

【風を読む】
阪神に学べ? 先生たちは一丸となれるか 論説副委員長・沢辺隆雄

 9点差からの大逆転に沸き、大型連休で阪神タイガースが首位に立った。論説委員室には巨人ファンより阪神ファンが多く、まだまだこれからと気を引き締めながらも、機嫌がいい人が目立つ。「君に阪神を語れるのか」と怒られるので、野球のことは少しだけにするが、「負けても腐らずあきらめない精神力」とともに、新人、中堅、ベテランがそれぞれ力を振るうチームに、学校の先生が見習うことは多いかもしれない。

 教員に学校内外で連携する力が一層求められている。教員同士が協力することは、指導の幅を広げ、多忙解消にもつながる。だが、チームプレーが苦手という先生は少なくない。

 教育界では「指導法は秋田に学べ」「学校経営は福井に学べ」といわれる。両県は小中学校の全国学力テストで成績がいいことでも知られる。

 秋田の指導法は、経験豊富な指導主事が各校を回り授業の助言を行うなど、他の教育委員会の参考にされている。

 一方、学校経営というと、一般にはなじみが薄い。

続きを読む

「ニュース」のランキング