産経ニュース

【産経抄】異色の大統領夫人の一挙一動 5月9日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
異色の大統領夫人の一挙一動 5月9日

 フランス皇帝ナポレオン1世が、最初の妻となるジョセフィーヌに出会ったのは、26歳の時である。当時は、軍の司令官として活躍していた。

 ▼2人の子持ちの未亡人で6歳年上のジョセフィーヌは、社交界の花形だった。一目ぼれだったらしい。「あなたの心、唇、瞳にキスを贈ります」。10年前に、ナポレオンがジョセフィーヌに宛てたラブレターが見つかった。競売で約6800万円の値がついていた。

 ▼エマニュエル・マクロン氏(39)が、妻のブリジットさんと出会った時、二人は高校生と国語の教師という間柄だった。ブリジットさんは25歳年上で、3人の子供の母親でもあった。やがて周囲の反対を乗り越えて、29歳で結婚にこぎつける。今は7人の孫にも囲まれている。いかにも、「恋愛大国」のフランスらしいエピソードである。二人の間にも、熱烈なラブレターが何通も行き交ったに違いない。

 ▼前経済相のマクロン氏は、7日に投開票された大統領選の決選投票で、極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン氏(48)に圧勝した。ナポレオンのおい、ジョセフィーヌの孫に当たるルイ・ナポレオンは1848年に40歳で大統領になっている。それより若い史上最年少の大統領の誕生である。

続きを読む

「ニュース」のランキング