産経ニュース

【日曜に書く】俳句をユネスコの無形遺産に 「キレジ」も分からない今の日本人 論説委員・長辻象平

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
俳句をユネスコの無形遺産に 「キレジ」も分からない今の日本人 論説委員・長辻象平

 江戸時代の元禄2(1689)年3月27日、中年の師弟が隅田川畔の千住で舟を下り、見送りの知人たちとの別れを惜しみつつ、奥州路に向けて街道に一歩を踏みだした。現代の暦では5月16日のことである。

 行く春や鳥啼(な)き魚の目は泪(なみだ)

 松尾芭蕉の「おくのほそ道」の冒頭部分に置かれた、有名な出立の句だ。

4団体の代表が一堂に

 この千住の句にゆかりの深い東京都荒川区に4月24日、国内の俳句4団体の重鎮が集って講演会を開催した。

 国際俳句交流協会の有馬朗人会長、現代俳句協会の金子兜太名誉会長、同協会の宮坂静生会長、俳人協会の鷹羽狩行名誉会長、日本伝統俳句協会の稲畑汀子会長-という錚々(そうそう)たる顔ぶれだ。これだけの大御所がそろったのには理由がある。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への俳句の登録を目指す動きが起きており、24日の講演会は、その登録推進協議会の設立総会を記念した催しであったのだ。

 俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会には各地の自治体も加入している。発足時の段階で30市区町村。芭蕉の出身地の三重県伊賀市をはじめ、荒川区や愛媛県松山市、岐阜県大垣市などが名を連ねる。

続きを読む

「ニュース」のランキング