産経ニュース

【産経抄】忍者を見倣おう 5月5日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
忍者を見倣おう 5月5日

 黒装束を身にまとい、敵の屋敷に忍び込む。万一見つかっても、手裏剣で応戦し、忍術を使って姿を消し去る。忍者は、歴史小説や映画、アニメなどで活躍してきた。海外でも、「Ninja」は大いにもてはやされている。

 ▼忍者は果たして、実在していたのだろうか。山田雄司(ゆうじ)三重大教授によると、歴史的には「忍び」と呼ばれる。史料の上で存在が確認できるのは南北朝時代からだ。戦国時代の忍びは、各地の大名に召し抱えられて、敵方の情報収集に励んだ。

 ▼本能寺の変の後、徳川家康が、伊賀・甲賀の地を抜けて本拠地の岡崎に逃れる際、地元の忍びが手助けした。これが、伊賀者甲賀者が取り立てられるきっかけとなった(『忍者の歴史』)。もっとも忍者の本格的な研究は、数年前から始まったばかりである。

 ▼その意味で、滋賀県甲賀市に住む渡辺俊経(としのぶ)さん(79)宅で見つかった江戸時代の古文書は、甲賀忍者の実態を伝える貴重な史料といえる。渡辺さんの先祖は、普段は農民だったが、尾張藩に仕える「御忍(おしのび)役人」でもあった。いわば在宅・非常勤の忍者である。

続きを読む

「ニュース」のランキング