産経ニュース

【正論】アメリカが強い圧力をかけている今こそ、北朝鮮の拉致問題を解決する最大のチャンスだ あらゆる知恵を絞って北と交渉を 麗澤大学客員教授・西岡力

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
アメリカが強い圧力をかけている今こそ、北朝鮮の拉致問題を解決する最大のチャンスだ あらゆる知恵を絞って北と交渉を 麗澤大学客員教授・西岡力

東京基督教大学の西岡力教授 東京基督教大学の西岡力教授

 今回、核問題で3回目の軍事危機がきている。この危機をチャンスにするためには、米国に十分な事前説明をしなければならない。

 つまり、核・ミサイル開発をやめさせるために日本はともに戦うが、国家犯罪である拉致の被害者救出は喫緊の課題であり、核・ミサイル問題に先行して北朝鮮と協議する。その場合、安保理決議に基づく国際制裁は核・ミサイルを理由にするものだから維持するが、それ以上に強力な日本独自の制裁は拉致を理由にしているので、北朝鮮が全被害者の帰国を決断すれば見返りとして解除することもありうる-ということをきちんと説明しておくことだ。

 さらにその上で、金正恩政権に対しては、国際社会は核・ミサイル問題で制裁をかけているが、日本は拉致と核・ミサイルの両方を問題にしている。北朝鮮にとって相対的に取り組みが容易なのは拉致の方だろうから、まず先に秘密協議で全被害者帰国の見返り条件を話し合おう、と提案し続けることだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング