産経ニュース

【主張】正男氏裁判延期 すべての証拠を開示せよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
正男氏裁判延期 すべての証拠を開示せよ

 北朝鮮は、殺人の被害者を北朝鮮の旅券を所持する「キム・チョル氏」であるとし、正男氏であることすら認めていない。

 検察はまず、被害者の身元を正男氏であると断定した根拠を明示すべきだ。

 マレーシアのザヒド副首相兼内相は、正男氏の子供から採取したDNA型と照合したと明らかにしている。子供とは誰なのか。採取や提供の方法についても、北朝鮮の反論を許さぬよう、具体的に開示されなくてはならない。

 殺害に使用したとされる神経剤VXについても、詳細な成分分析の結果の公表を急いでほしい。

 分析にはオランダ・ハーグの化学兵器禁止機関(OPCW)が技術的な捜査協力を行ったとされる。そうした国際機関による科学的データの開示が必要だ。

 韓国国防省は、北朝鮮がサリンやVXなど2500~5000トン余の化学兵器を貯蔵すると推定している。正男氏の殺害事件を通じて北朝鮮における化学兵器の実相に迫ることも求められる。

 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり東アジアの緊張が極度に高まっている今、事件の幕引きや裁判の遅滞は許されない。金正恩政権の特異性を、この事件が象徴しているからでもある。

「ニュース」のランキング