産経ニュース

【石平のChina Watch】「密告奨励」でスパイ狩り“天国”と化した北京 近づけばスパイ通報乱発の餌食に

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
「密告奨励」でスパイ狩り“天国”と化した北京 近づけばスパイ通報乱発の餌食に

北京の地下鉄駅構内に張られた外国人スパイへの警戒を喚起する漫画。新規則の施行で取り締まりは一層厳しくなりそうだ=中国(共同) 北京の地下鉄駅構内に張られた外国人スパイへの警戒を喚起する漫画。新規則の施行で取り締まりは一層厳しくなりそうだ=中国(共同)

 今月10日、中国の北京市国家安全局は、スパイ行為に関する新たな規則を制定し、施行した。

 一般市民によるスパイ行為の通報を奨励し、事件の摘発につながる重要な情報を提供した場合、通報者に最高で50万人民元(日本円で約800万円)を報奨金として払うという、いわば「密告奨励」の規則である。

 これに対して、誰もが疑問を感じるだろう。

 どこの国でも同じだが、スパイ活動への監視や摘発というものは本来、専門の反スパイ機関が行うもので、高度な専門知識と技術を要する仕事である。一般人がスパイ活動を見破り、「通報」することはそう簡単にできるはずもない。北京市の新規則は一体何が狙いなのか。

 問題のポイントは、今の中国で当局が言う「スパイ活動」とは一体何を指しているかである。

 2014年11月から、「反スパイ法」が施行されることとなったが、スパイの定義を定めたその38条には「(5)その他のスパイ活動を行うこと」とある。

 この場合の「その他」とはまったく無制限なもので、いかなる拡大解釈も許してしまう危険な条文である。つまり、中国政府当局が「それがスパイ行為だ」と判定さえすれば、どんなことでも「スパイ行為」だと見なされる可能性がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング