産経ニュース

【産経抄】先送りは人間の業なのか 4月20日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
先送りは人間の業なのか 4月20日

 ▼神奈川県が保有していた故棟方志功さんの版画作品は逆に、何者かによってカラーコピーのレプリカとすり替えられていた。本物は、県民ホールの開館にあわせ県が棟方さんに制作を依頼し、昭和49年に300万円で購入したものだ。平成26年に開かれた展覧会で来場者が指摘して、すり替えが発覚した。

 ▼どうして3年間も公表せず、放っておいたのだろう。「落語とは人間の業(ごう)の肯定である」。故立川談志さんの名言の一つである。すぐに警察に盗難の被害届を出すべきだった。もっともそうなると、失態が明るみに出てしまう。関係者が悩んだ末に先送りしていたとすれば、これこそ「人間の業」そのものではないか。

 ▼作品を保管していた財団の専務理事の言い訳にも、まるで落語のような滑稽な味わいがある。「ホールのどこかに、本物があると思って探していた」。あるわけないでしょう。

「ニュース」のランキング