産経ニュース

【主張】全国学力テスト 授業の改善へもっと競え

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
全国学力テスト 授業の改善へもっと競え

 実施当初、ほぼ最下位だった沖縄県は昨年、小学校の基礎問題の算数Aで上位になるなど成績向上が顕著だ。秋田と教員人事交流を行うなどの取り組みの結果だ。

 その秋田が現在、好成績にあるのも、かつての学力テストの成績不振により、指導改善を進めた努力の結果である。

 競い合う効果をより説くべきなのに、成績公表について文部科学省は腰が引けている。

 平均正答率を発表するのに、これまでの小数点以下は四捨五入して、整数値を使う。「競争」をあおらないためだというが、どれほどの意味があるのか。

 学力向上には家庭との連携が欠かせない。保護者からは、市町村別や学校別など詳しい成績が知りたいとの要望も多い。

 学校によっては、成績不振でも隠さず保護者に公表し、協力を求める取り組みもある。

 競争や順位から目を背けていたのでは、改善や向上は望めまい。競争を嫌うことは、結果の責任をあいまいにするのと裏表である。文科省を含めた教育界の意識こそ、変えるときだ。

「ニュース」のランキング