産経ニュース

【産経抄】銅像の首切断の動機は? 4月18日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
銅像の首切断の動機は? 4月18日

松江春次の銅像 =サイパン島ガラパン 松江春次の銅像 =サイパン島ガラパン

 ▼敗戦によって、日本人の銅像は次々に撤去され、行方がわからなくなる。八田の銅像だけは、地元民によってダムの管理事務所で密(ひそ)かに保管された。戦後の国民党政権下では、日本人を顕彰することは禁じられていた。八田の功績が再評価されるのは、李登輝総統の時代になってからである。像も元の位置に戻された。

 ▼八田は17年に乗っていた輸送船を米軍に撃沈されて、56歳で死亡する。妻は終戦直後にダムに身を投げた。夫婦の生涯は台湾では、教科書で紹介され、アニメにもなっている。ダムの近くには八田を記念する公園も整備されて、日本人観光客も多く訪れる。来月8日の八田の命日には、毎年慰霊祭が開かれる。

 ▼それだけに犯行の動機が気になっていた。やはり日本と台湾の結びつきを、快く思わない者の仕業のようだ。

関連サイト

「ニュース」のランキング