産経ニュース

【主張】G7外相会合 対中露の強固な枠組みに

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
G7外相会合 対中露の強固な枠組みに

 自由や民主主義、法の支配といった普遍的価値観を共有する国々が、今のタイミングで声を一つにした意義は大きい。

 先進7カ国(G7)外相会合が、シリアに対する米国の軍事行動に理解を示した。アサド政権の後ろ盾であるロシアに対しては、内戦終結に向け影響力行使を求めた。

 北朝鮮の核・ミサイル開発を強い表現で非難し、同時に中国を念頭に置きながら東・南シナ海の状況に懸念を表明した。

 国際社会の平和を脅かすこれらの動きに、国連は十分対処できていない。だからこそ、G7という枠組みに改めて期待したい。

 G7は1998年以降、ロシアを加えてG8と呼称を変えた。2014年のウクライナへの軍事介入を受けて、ロシアを資格停止とし、G7に戻った。中国は元から加わっていない。

 今回の外相会合は、従来の「西側陣営」を代表する枠組みに回帰し、外交・安全保障政策の方向性で足並みをそろえる色彩を鮮明にしたといえよう。

 中露両国を安全保障理事会の常任理事国に抱える国連は、問題解決への限界を内包している。その分、G7はより言うべきことを言いやすいし、それを実行する責任がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング