産経ニュース

【主張】北のミサイル 中国はなお放置するのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
北のミサイル 中国はなお放置するのか

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席との初顔合わせを目前に控え、北朝鮮がまた日本海に向けて、弾道ミサイルを発射した。

 核・ミサイル開発を強行し、挑発を繰り返す北朝鮮にどう対処するか。首脳会談で両氏が語り合うべき議題は、より明確になったといえよう。

 今回の発射について、安倍晋三首相は「さらなる挑発行為の可能性」に言及した。

 日本としても、米中会談の行方を注視しつつ、高いレベルでの警戒監視態勢を維持し、不測の事態に備えなければならない。

 ティラーソン米国務長官はミサイル発射を受け、「これ以上、コメントすることはない」との声明を出した。米政府は北朝鮮の核実験やミサイル発射のたびに非難してきた。もはや、言葉での牽制(けんせい)は無用であるとの見解を示したとも受け取れる。

 強い態度で臨まなければ、事態は動かない。すでにトランプ政権は北朝鮮問題で「全ての選択肢」を検討している。その点についても、中国側と突っ込んだ協議を行ってもらいたい。

続きを読む

「ニュース」のランキング