産経ニュース

【主張】正男氏の遺体北へ これで幕引きとさせるな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
正男氏の遺体北へ これで幕引きとさせるな

 マレーシアで殺害された金正男氏の遺体が、北朝鮮に引き渡された。事件に関与したとみられる北朝鮮大使館員と航空会社職員も帰国した。

 平壌に足止めされていた外交官らマレーシア人9人と、いわば「人質交換」に応じた格好だ。

 国家主導によるとみられる暗殺事件は、これで幕引きといった見方がある。だが決して、そうした決着を許してはならない。

 北朝鮮は遺体を「キム・チョル氏」であるとして金正恩朝鮮労働党委員長の実兄であると認めず、VXガスによる毒殺の事実も全て否定するだろう。

 マレーシアの外相は「犯人を裁くために捜査を継続する」と述べている。そのためにはまず、遺体を金正男氏であると断定した根拠や、死亡に至らしめた猛毒の神経剤VXの詳細な成分分析の結果などを、国際社会が公正に検証できる形で公表すべきだ。

 マレーシアのザヒド副首相兼内相は遺体の身元確認の決め手は、金正男氏の子供から採取したDNA型だったと明らかにしている。子供とは誰なのか。採取や提供の方法など、できるだけ具体的に公表されることが望まれる。

 日本政府も2001年に入管当局が採取した正男氏の指紋データを提供したとされる。こうした照合結果も明らかにすべきだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング