産経ニュース

【産経抄】千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日

遺体で見つかったレェ・ティ・ニャット・リンさん=母親とみられるフェイスブックより 遺体で見つかったレェ・ティ・ニャット・リンさん=母親とみられるフェイスブックより

 小学3年の女の子マキシは、まだおむつのとれない弟と、大学生のお兄ちゃんの3人きょうだいである。ある日、パパとママに家を空ける用事ができて、マキシと弟は、1人暮らしをしているお兄ちゃんのアパートで過ごすことになった。

 ▼ドイツの児童文学作家、グードルン・メプスさんは、『世界一の三人きょうだい』(徳間書店)で、3人の1週間の暮らしをユーモアたっぷりに描いている。マキシは弟のトイレの世話をしたり、お兄ちゃんといっしょに大学で講義を受けたりと、大忙しである。

 ▼千葉県松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)も、弟思いのお姉さんだったようだ。自宅近くで、4歳の弟を自転車に乗せて歩く姿が目撃されている。学校では人気者で、近所の人たちにもかわいがられていた。修了式の24日朝、登校中に行方がわからなくなり、自宅から12キロ離れた草むらで遺体となって見つかった。

 ▼「9歳の壁」という言葉がある。子供の成長過程における、大きな変わり目を意味している。学習内容は、低学年に比べて思考力が必要になってくる。親の干渉から離れて、友達との関わりも強まる。青年期の入り口とみなしてもいい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日
  • 千葉・9歳女児遺体 子供が1人になる時間を見逃さない卑劣な犯罪者、日本は危険な国になり果ててしまったのか 3月28日

「ニュース」のランキング