産経ニュース

【主張】北朝鮮と米中 危険増大に即した行動を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
北朝鮮と米中 危険増大に即した行動を

 核・ミサイルの挑発をエスカレートさせる北朝鮮にどう対処するか。最も影響力を持つのは、米国と中国である。

 ティラーソン米国務長官の初訪中でも、対北朝鮮政策は焦点の一つとして注目された。

 王毅外相との会談では朝鮮半島情勢が「危険レベル」にあるとの認識で一致し、「それぞれができる全てのことをする」と確約した。

 それは良いとしても、問題は北朝鮮の暴走を止める具体策だ。そこに至らなかったのは残念だ。

 両国にはさらに協議を重ねてほしい。とくに北朝鮮の後ろ盾である中国の責任は重大である。

 ティラーソン氏は、訪中前に訪れた日本や韓国で、過去20年の米国の対北政策を「失敗」とし、新たなアプローチが必要だと強調している。トランプ政権が掲げる「あらゆる選択肢」は、武力行使を含むことを示唆している。

 だが、王毅氏は「外交手段による平和解決」を主張し、対話優先の立場を変えない姿勢を崩さなかった。

 国際社会の自制を求める声に耳を傾け、自ら核・ミサイル開発を放棄するような国が相手であれば、対話の活性化は望ましい。

続きを読む

「ニュース」のランキング