産経ニュース

【日本の未来を考える】デフレ脱却、要素そろった トランプ政権の景気刺激策は追い風 学習院大教授・伊藤元重

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日本の未来を考える】
デフレ脱却、要素そろった トランプ政権の景気刺激策は追い風 学習院大教授・伊藤元重

伊藤元重・学習院大教授 伊藤元重・学習院大教授

 日本にとって、こうした動きはデフレ脱却の強い追い風となる。ここ2年ほど苦戦していたデフレ脱却であったが、昨年の後半から世界経済の流れが変わってきた。石油価格が上昇してきたことは、世界経済の体温が上がってきたことと理解することができる。こうした動きを受けてデフレに苦しんでいた欧州は穏やかなインフレに転じている。欧州中央銀行のドラギ総裁は、最近、欧州経済がデフレから脱却したと発言した。チャイナリスクで不安視されていた中国経済も、安定感を戻してきたように見える。そうした中で、トランプ政権による大胆な景気刺激政策が行われようとしている。デフレ脱却を目指す日本にとっても、大きな転機となるかもしれない。

 当面は、賃金の動きが注目点となるだろう。春闘でのベアの動きは必ずしも十分ではないように思えるが、一方で非正規労働などでは労働力不足がますます深刻になっている。世界経済が全般的にデフレ脱却の動きを示し、米国での動きが円安・株高の流れとなり、国内の深刻な人手不足が賃金上昇を加速化する。デフレ脱却に必要な要素がそろってきたようだ。 (いとう もとしげ)

「ニュース」のランキング