産経ニュース

【主張】東芝の決算再延期 背負う責任の重さ認識を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
東芝の決算再延期 背負う責任の重さ認識を

 日本を代表する名門企業とは思えない惨状である。米原発事業の巨額損失に揺れる東芝が、決算発表の再延期に追い込まれた。

 米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の内部統制をめぐり、監査法人の承認が得られなかったためだという。東芝は不正会計事件でも決算の発表延期を繰り返してきた。上場会社として再び市場の信頼を裏切った責任は重大である。

 「特設注意市場銘柄」に指定され、管理体制の強化を進めていた最中に、経営を揺るがす損失が新たに発覚した。内部統制の改善が認められなければ、上場廃止の恐れもある。

 何にせよ、WHの経営実態を解明し、原発事業の損失額を確定する決算の発表、再建策の提示を急ぐほかない。それなくして再生への第一歩も記せない。

 東芝は先月、2016年4~12月期の決算発表について、「WHの上層部から部下に不適切な圧力があった疑いがある」として1カ月延期した。だが、監査法人が追加調査を求め、再び発表を来月に延期する失態を演じた。

 東芝は米原発事業で数千億円規模の損失を計上するが、工程遅れの原因などをいまだに解明できていない。WHを掌握していなかった証左だ。企業統治の欠陥は明らかだ。改革は急務である。

続きを読む

「ニュース」のランキング