産経ニュース

【黒田勝弘の緯度経度】漂流する韓国外交どこへ 懲りずに中朝の大陸勢力と歩調か、それとも日米の海洋勢力と組むのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【黒田勝弘の緯度経度】
漂流する韓国外交どこへ 懲りずに中朝の大陸勢力と歩調か、それとも日米の海洋勢力と組むのか

 天安門広場での「抗日戦勝70周年軍事パレード」にも、朴氏は日米の不快感を押し切って出席している。習近平国家主席からは「中国と韓国はいつも肩を組んで日本と戦ってきた戦友ではないか」などと“歴史歪曲(わいきょく)”ですり寄られた。誰が見ても明らかに「日韓離間策」だったが中国への警戒心を語る声はほとんどなかった。

 朴政権の対中接近は中国の北朝鮮への影響力を期待したからだった。しかし北朝鮮が核実験を強行した際、習主席は朴氏からの電話も受け取らず、何の役にも立たなかった。

 このところの中国の“横暴”と中韓摩擦は日本からすれば「それ見たことか、言わんこっちゃない…」という思いだ。しかし韓国では次期大統領候補たちをふくめ朴政権の日韓慰安婦合意は批判しても、対中外交の検証には関心がない。

 韓国にとって日本と中国のどちらが“価値観”を共有できる相手なのか。韓国は今後、中国や北朝鮮のような大陸勢力と歩調を合わせるのか、それとも日米のような海洋勢力とちゃんと肩を組むのか。来るべき新政権は朴政権の外交失敗をどう教訓として生かすのか。そんな議論を聞きたいものだ。

「ニュース」のランキング