産経ニュース

【主張】天皇陛下の譲位 「見解」踏まえ立法化急げ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
天皇陛下の譲位 「見解」踏まえ立法化急げ

 天皇陛下の譲位を「一代限り」の特例法制定で実現すべきだとする「国会見解」を、与野党の全体会議がまとめた。安倍晋三首相は厳粛に受け止め、法案の作成を急ぐ考えを示した。

 譲位は、立憲君主である天皇の位にかかわる重要事である。国論が大きく割れることなく、立法作業を進めるのが望ましい。衆参正副議長のもと、自由党を除く与野党が「立法府の総意」となる見解をまとめた点を評価したい。

 見解は、皇室典範の付則に、典範と特例法の関係を「一体」と位置づける規定を設けるよう求めた。終身在位を原則としつつ、将来の天皇が譲位される先例ともなる。妥当な構成である。

 多くの国民は高齢の陛下のご体調を気遣い、譲位をかなえてさしあげたいと願っている。政府と与野党は、特例法を今国会で確実に成立させてほしい。

 譲位は江戸時代後期の光格天皇以来、およそ200年ぶりとなり、定めるべき事柄は多い。政府は譲位後の陛下の称号やお立場、譲位に伴う儀式の要否、相続などのあり方を法案に盛り込む。

 皇室の長い伝統を踏まえ、制度を整えてもらいたい。君主である天皇にとって、正統性や永続性は極めて大切だからだ。そう考えれば、譲位後の称号は、伝統的な「太上天皇(上皇)」とするのが順当だろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング