産経ニュース

【主張】中国の産経拒否 報道自由は普遍的価値だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
中国の産経拒否 報道自由は普遍的価値だ

 中国の習近平国家主席は2014年、米中首脳会談後の会見で「中国は国民の言論の自由など正当な権利と、報道機関の利益を法規に沿って保護している」と述べた。果たして、そうか。

 全国人民代表大会(全人代)閉幕後に行われた李克強首相の内外記者会見で、産経新聞の記者は出席を拒否された。

 全人代後の首相会見は外国の記者が中国指導者と直接向き合うほぼ唯一の機会であり、例年、産経記者も出席してきた。全人代当局は「座席数」を理由に出席に必要な「招待状」の交付を拒んだが、複数枚交付された新聞社もあり、会場には空席があった。

 会見締め出しの真意が報道規制にあることは疑いようがなく、強く抗議する。言論、報道、取材の自由は国際社会共通の普遍的価値である。「責任ある大国」の措置とは到底、いえまい。

 産経新聞は、文化大革命中の1967年9月に当時の柴田穂・北京支局長が中国政府により追放処分を受けた。98年9月に中国総局として再開されるまで、31年にわたり中国に常駐記者を派遣できない状態が続いた。

 再開は、日中両国民の相互理解のためである。そこには相互批判も含まれる。

続きを読む

「ニュース」のランキング