産経ニュース

【宮家邦彦のWorld Watch】家中の機器をネットにつなぐなんて時代遅れだ! 戦慄のサイバー攻撃にIoTは進歩か脅威か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【宮家邦彦のWorld Watch】
家中の機器をネットにつなぐなんて時代遅れだ! 戦慄のサイバー攻撃にIoTは進歩か脅威か

米上下両院合同会議で施政方針演説を行うトランプ大統領。ツイッター好きで知られるが、サイバー攻撃への備えは大丈夫?=2月28日(AP) 米上下両院合同会議で施政方針演説を行うトランプ大統領。ツイッター好きで知られるが、サイバー攻撃への備えは大丈夫?=2月28日(AP)

 ロシアの仕業か。それはないだろう。今回の流出ではCIAのハッキング能力が暴露されたという。ロシアならリークなどせず、自国のハッキング能力向上のため使うはずだ。ウィキリークスは今回機密情報を公開した理由として、「米国政府は市販ソフトウエアの脆弱性を発見したら関係企業にその内容を通報すると約束したにもかかわらず、CIAがこの約束を破ったからだ」と述べている。いずれにせよ、今回の事件により米国のサイバー戦能力は大幅に低下するだろう。ウィキリークスの言う通り、「これらが解き放たれれば瞬時に世界中へ拡散し、対立国や『サイバーマフィア』に利用されかねない」からだ。

 それでは日本はどうか。米国ですら、中露の圧倒的なサイバー攻撃能力には対抗できない。日本インフラの脆弱性は既に悲劇的かもしれない。その日本では、これから「モノをインターネットにつなぐ」のだそうだ。これは「悲劇」を通り越し、「喜劇」ですらあると思う。

 量販店で見たスマート家電の宣伝文句は「離れていてもわが家を守ろう! 専用アプリをダウンロードしたスマホを無線LANに接続するだけ。留守宅の防犯にお勧め」だった。IoTは本当に進歩なのか、よくよく考えてほしい。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング