産経ニュース

【宮家邦彦のWorld Watch】家中の機器をネットにつなぐなんて時代遅れだ! 戦慄のサイバー攻撃にIoTは進歩か脅威か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【宮家邦彦のWorld Watch】
家中の機器をネットにつなぐなんて時代遅れだ! 戦慄のサイバー攻撃にIoTは進歩か脅威か

米上下両院合同会議で施政方針演説を行うトランプ大統領。ツイッター好きで知られるが、サイバー攻撃への備えは大丈夫?=2月28日(AP) 米上下両院合同会議で施政方針演説を行うトランプ大統領。ツイッター好きで知られるが、サイバー攻撃への備えは大丈夫?=2月28日(AP)

 先週末、家電量販店に行った。販売の目玉はIoT(インターネットでつながることによって実現する新たなサービス)家電。「スマホをリモコン代わりに家電を操作したり、家電の運転状況やデータをスマホで管理・確認できる」とうたっていた。でも、よくよく考えてみてほしい。

 ●生活が一層便利になるからインターネット技術の進歩は素晴らしいのか。

 ●インターネットにつなげばサイバー攻撃を受けるから家中の家電が誤作動する脅威が増えるだけ、なのか。

 読者の皆さんはどちらだろう。もちろん筆者は後者。21世紀の世の中、家中の機器をインターネットにつなぐなんて時代遅れも甚だしい。筆者がそう考える理由はこうだ。

 トランプ氏が大統領に就任以来初めて対議会演説を行った2月28日、米国防総省の諮問機関・国防科学委員会がサイバー戦抑止に関する報告書を公表した。なぜか日本では報じられていないが、その結論は戦慄的ですらある。

 ●中露両大国のサイバー攻撃能力は強大であり、少なくとも今後10年米国は自国の基本インフラを防御できない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング