産経ニュース

【主張】三越伊勢丹 百貨店の価値見つめ直せ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
三越伊勢丹 百貨店の価値見つめ直せ

 業界で広がる店舗閉鎖は、都心郊外店にも及んでいる。中心市街地にある百貨店の閉鎖後、跡地利用が進まない地域も多い。街の活性化の妨げにもなっている。

 低価格で集客力のあるテナントの誘致にも有効な面はあるだろう。だが、何よりも大切なのは接客業のプロとして、顧客に魅力ある商品を売り込む能力を備えた人材を育てることである。

 大西氏に代わり、4月1日付で杉江俊彦取締役専務執行役員が昇格する。大西氏は業界の顔である日本百貨店協会長も務めてきた。新社長を含む経営陣の記者会見が開かれないのはおかしい。

 背景には、伊勢丹出身の大西氏への三越出身者の反発があるとの見方もある。大西氏の改革路線に対し、業務負担が増えるという反発もあったというが、社内の「不協和音」を残したまま新たなビジネスモデルを切り開くことなど望めまい。「お家騒動」で貴重な経営資源を浪費する余裕はない。

「ニュース」のランキング