産経ニュース

【主張】世耕経産相 情報開示も施錠するのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
世耕経産相 情報開示も施錠するのか

 経済産業省が省内すべての執務室を日中でも施錠する措置を始めた。

 世耕弘成経産相は「情報管理を徹底するため」としているが、情報公開に後ろ向きのメッセージと受け取れる。即時の撤回を求めたい。

 同省を含めた大半の中央省庁は受付で訪問者の身元や行き先などを確認しており、各執務室は施錠していないところが多い。全室に鍵をかけるという同省の対応は極めて異例である。

 施錠措置と併せて職員の取材対応には別の職員を同席させ、その内容を報告させるとするルールも導入した。これも取材活動の障害となりかねず、到底容認できるものではない。

 都合の良い情報だけを公開し、不利益を被りそうな取材はなるべく制限する。そんな底意さえ感じられる。世耕氏は情報開示にも鍵を掛けるつもりなのか。

 経産省の全室施錠は今週から始まった。世耕氏は「机の書類が見える状況には問題がある」と強調している。菅義偉官房長官も「経産省は来訪者が多い。機微な情報がたくさんあるので、一定のルールは自然だ」という。

 通商交渉や企業再編など機密情報の保全は大事だが、それは限定した部署の施錠で対応できるはずだ。機微な情報を机上に放置するのは管理上の別問題である。

続きを読む

「ニュース」のランキング