産経ニュース

【産経抄】「サービスが先、利益は後」そんなヤマト運輸の「小倉イズム」が曲がり角に立たされている 3月2日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
「サービスが先、利益は後」そんなヤマト運輸の「小倉イズム」が曲がり角に立たされている 3月2日

住民に見送られるヤマト運輸のトラック 住民に見送られるヤマト運輸のトラック

 大きくなった息子の洋服のお古を、甥(おい)に送ってやろうと思った。個人が小さな荷物を送る方法は、国鉄小荷物か郵便小包しかなかった。どちらも窓口の応対はつっけんどんで、日数もかかる。大和運輸(現ヤマト運輸)の社長だった小倉昌男さんの実体験である。

 ▼昭和51年から始める「宅急便」の大きなヒントになった。電話1本で自宅まで取りに行き、翌日には配達する。サービスを始めて、あらためて気づかされたのが、昼間の留守宅の多さである。小倉さんはコストがかかっても人手を増やし、夜間配達に踏み切った。「サービスが先、利益は後」。小倉さんがつくった標語の通り、その後も顧客が求める新サービスを次々に実現していった。

 ▼そんな「小倉イズム」が曲がり角に立たされている。最初の年170万個だった荷物の取扱量が、今や17億個、実に千倍の規模となっている。スマートフォンの普及で、ネット通販を利用する人が激増しているからだ。加えて人手不足が深刻化し、ドライバーは長時間労働を強いられている。

 ▼たまりかねたヤマト運輸の労働組合は、今年の春闘で、荷受量の抑制を要求した。会社側も、昼間の時間指定の配達を取りやめ、夜間配達も早めに切り上げるなど、サービスを抜本的に見直そうとしている。

続きを読む

「ニュース」のランキング