産経ニュース

【産経抄】独裁者の本質をとらえた言葉 2月23日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
独裁者の本質をとらえた言葉 2月23日

襲われた直後の金正男氏とする写真や、マレーシア警察が行方を追っている男4人の写真を掲載した18日付のマレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(共同) 襲われた直後の金正男氏とする写真や、マレーシア警察が行方を追っている男4人の写真を掲載した18日付のマレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(共同)

 ヒトラーを風刺するチャプリンの映画「独裁者」が公開されたのは、第二次大戦の最中である。ナチス・ドイツは、撮影段階からさまざまな妨害活動を行ってきた。

 ▼米国では2014年、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を笑い飛ばすコメディー映画「ザ・インタビュー」が制作された。作品の質では比較の対象にはならないものの、北朝鮮政府が上映を阻止しようと躍起になった状況は似ている。

 ▼映画の制作会社にサイバー攻撃を仕掛けたのは、工作機関「偵察総局」だったといわれる。韓国政府によれば、クアラルンプールの空港で正恩氏の異母兄、金正男氏が殺害された事件を主導したのも、同じ工作機関である。ただ防犯カメラは、実行犯の女が正男氏に毒物をなすりつけて逃走する一部始終をとらえていた。工作員の男たちが犯行直後に出国する映像も残されている。

 ▼テレビのワイドショーは、正男氏の息子、金ハンソル氏が、5年前にフィンランドでインタビューに応じた番組まで引っ張り出してきた。ハンソル氏はなんと、正恩氏を「独裁者」と呼んでいる。金正恩体制についての記録映画を連日見ているようなものだ。皮肉なことに、へたなコメディー映画の何倍もその異常さを伝える宣伝効果がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 独裁者の本質をとらえた言葉 2月23日
  • 独裁者の本質をとらえた言葉 2月23日

「ニュース」のランキング