産経ニュース

【スポーツ茶論】3年後、2度目の東京五輪をどう伝えるのか 別府育郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【スポーツ茶論】
3年後、2度目の東京五輪をどう伝えるのか 別府育郎

東京五輪(左)とパラリンピックのエンブレム「組市松紋」(「Tokyo 2020」提供) 東京五輪(左)とパラリンピックのエンブレム「組市松紋」(「Tokyo 2020」提供)

 《鐘が鳴る。鳴りわたる。やがて電子音楽のひびきとなって、十万人の国立競技場から晴れあがった秋空にこだまする。第十八回オリンピック東京大会のトビラをひらく音だ。(中略)思えば“東京への道”は遠かった。昭和五年、東京市がオリンピック招致を決意してから足かけ三十五年。あれいらい、わたくしたち日本人の胸の中で、消えつ現われつしてきた幻想の聖火は、きょう、まぎれもない現実のほのおとなって、神宮の空にもえる》

 昭和39年10月10日、産経新聞夕刊1面の書き出しである。執筆は石井英夫、当時31歳。後に35年の長きにわたって朝刊1面コラム「産経抄」を担当する。身内褒めであり、大先輩に失礼でもあるが、情景と空気を伝えて見事である。

 翌朝サンケイスポーツの1面には当時の運動部長、北川貞二郎がこう書いた。

 《“この日”を迎えるまで、われわれ日本人は、どれだけの風雪を越えてきたことか-。そしてこのフィールドにも、どんなに悲壮な歴史が秘められていることか-。

続きを読む

「ニュース」のランキング