産経ニュース

【ポトマック通信】安倍首相とリンカーン元米大統領との意外な共通点とは?

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ポトマック通信】
安倍首相とリンカーン元米大統領との意外な共通点とは?

 第16代米大統領リンカーンの誕生日の2月12日、トランプ大統領は写真共有アプリ「インスタグラム」で「何歳まで生きたかは重要ではなく、どのように生きたかである」という格言をリンカーンのものとして紹介した。本人の言葉ではなく、誤って引用されたことが確認されており、「フェイク(偽)ニュース」の一つとして批判された。

 トランプ氏に悪意はないので、ことさらに目くじらを立てる必要はないと思うのだが、事実確認が不十分だったのは確かだ。米メディアは鬼の首でも取ったように報じていた。

 この2日前、安倍晋三首相はホワイトハウスでのトランプ氏との共同記者会見で「私の名前は安倍(Abe)ですが、時折、米国では『エイブ』と発音されます。しかし、私はあまり悪い気はしません」とリンカーンの愛称に触れた。

 奴隷解放宣言を出したリンカーンは米国で最も人気のある大統領の一人。「オネスト・エイブ」(正直なエイブ)を知らない人はいない。エイブという名前の米国人から逆に「アベじゃありませんよ」といわれて笑った経験があるが、首相は名前で得をしている。

 大統領選のライバルを「嘘つきテッド」「小さなマルコ」と名付けたトランプ氏が後世、どんな愛称で呼ばれることになるかが気になる。(加納宏幸)

関連トピックス

「ニュース」のランキング