産経ニュース

【正論】日本にもマッドドッグが必要だ 無抵抗主義は、現代の国際社会の常識では「悪」である 東京国際大学教授・村井友秀

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
日本にもマッドドッグが必要だ 無抵抗主義は、現代の国際社会の常識では「悪」である 東京国際大学教授・村井友秀

東京国際大学教授・村井友秀(寺河内美奈撮影) 東京国際大学教授・村井友秀(寺河内美奈撮影)

 今回の日米首脳会談でも同盟強化が確認された。強い同盟は共通の価値観によって支えられている。日米は共通の価値観を持っているのか。

 2月3~4日、「マッドドッグ(狂犬)」マティス国防長官が来日した。日本で嫌われる狂犬がなぜ米国で尊敬されるのか(議会承認で反対票は1票だけだった)。優しさを重んじる日本に対して米国は力を信奉する社会であり、マッドドッグは力の象徴である。

≪無視されてきた軍隊本来の任務≫

 現在の世界には、テロや虐殺を防ぎ外国の侵略から自国を守る「正義の力」が存在する。正義の力は強ければ強いほど良い。

 ところが、第二次世界大戦後の日本では戦争が徹底的に否定され、軍隊は国民を害する存在と見なされて「軍隊からの安全」だけが議論された。「軍隊からの安全」のためには軍隊は弱いほど良い。他方、軍隊の本来の任務である外国の侵略から国民を守る「軍隊による安全」は無視されてきた。日本ではなぜ「軍隊による安全」が議論されないのか。戦後教育の結果である。戦後の日本は戦争を深く反省し、戦争に関係あるものを全て否定した。その結果、日本人の思想が世界の常識からずれていったのである。

続きを読む

「ニュース」のランキング