産経ニュース

【産経抄】「犬神家の一族」は財産をめぐる骨肉の争いの物語だった 平成25年6月に82歳で亡くなった男性のケースは… 2月2日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
「犬神家の一族」は財産をめぐる骨肉の争いの物語だった 平成25年6月に82歳で亡くなった男性のケースは… 2月2日

最高裁判所の外観 =東京都千代田区 最高裁判所(伴龍二撮影) 最高裁判所の外観 =東京都千代田区 最高裁判所(伴龍二撮影)

 信州財界の巨頭、犬神佐兵衛は、奇妙な遺言書を残して没した。全財産を恩人の孫に譲る。ただし、佐兵衛の3人の孫の一人と結婚しなければならない、というのだ。しかも3人の母親は、腹違いの姉妹である。

 ▼これでは、もめごとが起きないわけがない。案の定、名探偵、金田一耕助の登場を待っていたかのように、惨劇の幕が切っておとされる。横溝正史の『犬神家の一族』は、財産をめぐる骨肉の争いの物語である。

 ▼財産を少しでも多く手にするための方法の一つとして、養子縁組がある。法定相続人の数が増えれば、非課税枠が広がり、税率も低くなる節税効果があるからだ。ただし、紛争の種にもなりうる。

 ▼平成25年6月に82歳で亡くなった男性のケースは、その典型である。前年に長男の当時1歳の息子を養子にしていた。つまり、長女、次女に比べて、長男一家の相続分が増える計算になる。長女と次女は、養子縁組の無効を求めて提訴した。

続きを読む

「ニュース」のランキング